歯周病

 

歯周病は心臓病、脳の血管障害、糖尿病などの全身疾患と関係しています。歯周病をコントロール(進行抑制)することによって、全身疾患が改善することもわかってきました。

 

図1:
歯ぐきがひきしまって、歯と歯ぐきのすき間(ポケット)も2舒焚爾両態です。この状態を保つために歯科医師、歯科衛生士に自分にあった口腔清掃方法を習って実行していくことが大切です。通院は通常1〜2回で終わります。
図2:
歯ぐきが時々腫れたり出血(ハブラシ時)があります。ポケットは2舒幣紊良位も認められます。歯科医院で歯石除去や口腔衛生指導を受けてください。通院は通常2〜5回必要となります。
図3:
ポケットの炎症が慢性化して歯の周りの骨も溶け始めます。口臭、歯が浮いたような感じ、強く咬んだ時の痛みなどが生じる時もあります。歯科医院での歯周治療が必要となります。通院は、通常8回以上必要となります。
図4:
歯根を支ええいる周りの骨が溶けてしまい、歯がぐらつき、咬めない状態になります。歯の周りから膿が出てきたりすることもあります。歯科医院で歯周治療が必要ですが、重症の場合、歯を抜いたり、歯ぐきの手術が必要となることもあります。通院は通常12回以上必要となります。

歯周病も軽度のときは治療は痛みもなく、費用も少なく、短期間で終わります。「かかりつけ歯科医」をもって3〜6ヶ月ごとに定期的に歯周病のチェックを受けることをお勧めします。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM