むし歯の進行

C1:
歯の表面のエナメル質が溶け始めたむし歯の第一段階。
症状はほとんどなく、治療も比較的簡単にすみます。
C2:
エナメル質をこえて象牙質に達したむし歯の第二段階。冷水痛の症状が出現することが多いです。
治療はC1と同じですが、歯髄(歯の神経)を守る処置が必要となることも多いです。
C3:
象牙質の奥にある歯髄まで達し、強い痛みが生じます。
治療は歯髄処置をし、歯全体にかぶせものをします。
C4:
歯冠部がほとんどなく、根だけが残っている状態で、根が化膿して腫れたりするものもあります。
治療は抜歯をするか、根がしっかりしている時は根管治療をして歯全体にかぶせものをします。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM